ディーラー下取り 車買取専門店

本当の理由

「ディーラーの下取り価格」より「車買取専門店の査定額」の方が高くなるというのはよく言われることですよね。

 

何故そのような違いが出てくるのでしょうか?

 

まず挙げられるのが「査定する人材のレベルの違い」という部分です。

 

車買取専門店の査定担当者のレベルが高いというより、ディーラーの査定担当者のレベルが低いというのが実情のようですが(笑)

 

各ディーラーごとに「査定マニュアル」みたいなものがあるわけですが、買取専門店のそれに比べると本当に大雑把なもののようなんです。

 

簡単に言えば、ディーラーでの査定で重視される要因は「車の年式」と「走行距離」なんですね。

 

その車が、現在の中古車市場でどれくらい人気があるのか、といった事は詳細に把握しているわけではないので、非常に保守的というか機械的な査定になるわけです。

 

買取専門店は、「車の年式」と「走行距離」はもちろん重視するわけですが、「中古車市場での人気」という要素を重要視するわけです。まぁその部分が会社の利益に直結してくるわけなので当たり前なわけですが。

 

中古車オークション市場での落札価格をベースにして査定額を提示するわけですね。中古車の「需要」を考慮に入れるか入れないかで、査定額に大きな差が出てくるということなんですね。

 

このような状況で、数年前までは圧倒的に買取専門店が高い査定額を出してくるケースが多かったわけですが、ここ最近は少し事情が変わってきたようです。

 

ディーラーも査定額に「中古車オークション市場での落札価格」を反映させてくる事が増えてきているわけです。
まぁここまで中古車オークション市場が巨大になってきて、中古車価格に大いなる影響を与えるようになってきたので、ディーラーもその流れに乗っているということなんですね。

 

しかし、それでも買取専門店のほうが高い査定額を出すという大きな流れは変わらないようです。

 

それは、「査定する人材のレベルの違い」という根本的な要因と、「ディーラーと買取専門店のビジネスモデルの違い」が影響を与えているわけです。

 

はっきり言うと、ディーラーは中古車を下取りできなかったとしても、新車が売れれば全く問題ないわけですが、買取専門店は買取ることができなければ利益はゼロなわけです。

 

だから「中古車オークション市場での現在の重要(人気)」を敏感に察知して、そして他社に奪われないように、ギリギリの勝負を懸けるような感じで価格を提示することも多いわけです。

 

今でこそ「中古車オークション市場での落札価格」を反映させるようになったとはいえ、保守的な金額しか提示できないディーラーの査定担当者とは、気持ちの入り方が違うということなのかもしれません(笑)

 

ただ、気をつけなければならない点があります。

 

それは、買取専門店の査定担当者は、お客さんがよく知っていると思えば、他社に奪われないようにギリギリの価格を提示してくるわけですが、あまりよく分かっていない、または他に合見積を取っていないということが分かれば、わざわざ自らの利益を減らしてまでギリギリの価格を提示する必要はないわけで、ディーラーの担当者がするような保守的な価格を提示してくるわけです。

 

だから、「一括査定サービスサイト」などを活用して、買取専門店同士に競争原理を働かせるということが重要になってくるわけですね。